痛いけど人気のある足裏マッサージの効果とは?

痛いけど効果があると話題の足裏マッサージ

足の裏に触れれば健康状態がわかる

足裏マッサージは痛いものだというのが定説だと思いますが、時折「気持ちがよかった」という感想を耳にすることもあります。
それはその人が正真正銘の健康体だったという場合もありますが、もしかしたらあまり痛みが出ないようなタイプの足裏マッサージを受けていただけかもしれません。
そう、足裏マッサージには施術を受ける人の健康状態にかかわらず身をよじるような激しい痛みをともなうものから、終始リラックスして受けることができるような気持ちのいいものまで、いろいろなタイプのものが存在しているのです。

一般的に足裏マッサージというものは「リフレクソロジー」と「足つぼマッサージ」に分けることができます。
そしてさらに「リフレクソロジー」は主流ともいえる「台湾式」や「英国式」だけでなく、「中国式」や「タイ式」などに分類することができるのです。
これらを施術の際の傷みが強い順に並べてみると、しっかりとした強い施術を好むという人におすすめしたいのが最も刺激の強い「中国式」というもので、次は専用の器具や指の関節を使って強めの刺激を与えるという「台湾式」、そしてそれよりも多少痛みが少ないといわれる「タイ式」があって最後に指の腹でマッサージをするため痛むことはほとんどないという「英国式」と続きます。

一方、これらとは一線を画したところに「足つぼマッサージ」は存在していて、つぼ押しは「つぼ」と呼ばれる「点」を押すものですから「面」に刺激を与えるリフレクソロジーよりも鋭い痛みが生じてしまうということにも頷けます。

痛みは即効性に比例するとも言いますが、ストレスになるほどの傷みを我慢する必要はないのです。
傷みの程度を基準にして足裏マッサージの種類を選んでみてもいいでしょう。

自分にあった足裏マッサージを見つけよう!

同じものだと誤解されやすい「反射区」や「ツボ」は、どちらも足の裏に多く存在しています。 そしてそれらは全身の臓器とつながって人体の地図のように並んでいるものなので、他の部位よりもかたくなっていてマッサージをしたときに痛みを伴うような場合には、その部分に対応する臓器の不調が疑われるのです。

反射区とツボの相違点

インターネットなどを見てみると「反射区」と「足つぼ」が同じものとして説明されていることが多いようですが、実は「反射区」と「足つぼ」は異なるものを表しています。 ここからは「反射区」と「足つぼ」の本当の意味と、足裏マッサージによる効果の違いについて見ていきたいと思います。

足裏マッサージは自分で続けることもできる

忙しい生活を送りながら時間を割いて、足裏マッサージの施術を受けるためにサロンを訪れることは容易なことではありません。 しかし足裏マッサージは毎日続けた方が効果的だと言われているのです。 ここでは毎日続けることができるようなセルフマッサージについて紹介していきたいと思います。